業績と研究

ホーム > 業績と研究

診療実績

平成26年度 平成27年度 平成28年度
眼科患者数 34,067 32,570 33,418
入院患者数 10,143 10,557 9,600
手術総件数
(網膜硝子体手術)
1,228
565名)
1,280
628名)
1,252
565名)

手術件数

外来手術を含む

2016年 手術件数内訳

硝子体内注射件数

平均入院日数

平成27年度
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 475 1.07 2.19 0.42% 70.67 入院診療計画書(白内障手術を受けられる患者さまへ)
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 392 1.26 8.23 0% 67.65 入院診療計画書(硝子体切除術+ガスタンポナーデ術を受けられる患者様へ)
K281 増殖性硝子体網膜症手術 65 1.98 11.89 0% 56.49

水晶体再建術は、水晶体の混濁で視力が低下した場合に、混濁した水晶体を除去しただけでは通常は網膜に焦点が合わなくなるので、代わりのレンズが必要となります。
人工的に挿入するレンズを眼内レンズと呼び、白内障手術のほとんどの症例で眼内レンズの同時挿入を伴います。
硝子体茎顕微鏡下離断術の適応疾患は、裂孔原性網膜剥離、網膜前膜、黄斑円孔、黄斑浮腫等です。

研究業績

福島医大眼科学講座では黄斑網膜硝子体疾患、眼腫瘍、眼形成、眼窩疾患、小児眼科、斜視弱視、コンタクトレンズ、角膜疾患、緑内障、神経眼科の分野を中心に、広く情報発信をしています。

最新学会発表

第72回日本臨床眼科学会(東京)

前原 紘基   瞬目方法の違いがbreakup patternの再現性に及ぼす影響
古田 実   高深達光干渉断層血管撮影による脈絡膜母斑上の脈絡膜毛細管板の観察
笠井 暁仁  慢性型中心性漿液性脈絡網膜症に対するマイクロセカンドレーザー閾値下凝固治療の検討
森 隆史   学童期の眼軸長と自然瞳孔等価球面屈折値の変化
加藤 寛   網膜静脈分枝閉塞症へのranibizumab単独及び網膜光凝固併用治療の6ヶ月成績
笠井 暁仁  最先端技術の融合で何が変わる?Part3
菅野 幸紀  光干渉断層計血管撮影による脈絡膜毛細血管板血管形態計測の再現性の検討
石龍 鉄樹  眼底自発蛍光を使いこなす
高間 奏映  糖尿病黄斑浮腫に対する閾値下レーザー治療後の網膜変化
小島 彰   日常診療に役立つRVO画像所見のポイント
大口 泰治  前房水中および硝子体中の補体活性化産物濃度

第38回日本薬理学学会(長崎)

加藤 寛   滲出型加齢黄斑変性の前房水中補体分解産物の検討

第33回日本眼窩疾患シンポジウム(東京)

田中 啓一郎
インフルエンザ罹患後に副鼻腔炎から眼窩内膿瘍をきたした一例

第35回日本眼循環学会(松本市)

田中 啓一郎
OCTAで見られた脈絡膜内空隙様所見
松本 翔平
 Foveoschisisの光干渉断層計アンギオグラフィー所見

第61回日本コンタクトレンズ学会(東京)

大口 泰治
単焦点眼内レンズ挿入眼に多焦点ハードコンタクトレンズを処方した円錐角膜の1例

第122回日本眼科学会(大阪府)

小笠原 雅
 滲出型加齢黄斑変性治療に対する1か月毎Treat and Extend法の予後予測因子
冨田 隆太郎
網膜静脈分枝閉塞症への抗血管内皮増殖因子治療と傍中心高網膜感度
小島 彰
 Deep learningを用いた黄斑円孔検出とStage分類
石龍 鉄樹
 最近話題になる全身薬と眼副作用up date『網膜に対する薬物副作用』
関向 秀樹
 中心性漿液性脈絡網膜症の脈絡膜血管3次元画像解析
森 隆史
 小児眼疾患:治療後のフォローアップ『眼瞼下垂・眼瞼疾患』
古田 実
 眼腫瘍と誤診されやすい疾患と眼腫瘍の鑑別『眼内腫瘍 特に加齢黄斑変性との鑑別』

ARV02018(ハワイ)

Akira OJima
Macular hole detectionand staging on optical coherencetomography images usingconvolutional neural network
Yukinori Sugao
Evaluation of the choriocapillaris in the fellow eyes of age related macular degenerationonthe images of swept source OCT a ngiography
Yutaka Kato
Six-monthresult of anti-VEGF therapy fornlacular edenla secondary to branch retinal vein occlusion
Ryutaro Tomita
Parafoveal retinalsensitivity in branch retinal vein occlusion after anti-VEGF therapy

WOC2018(バルセロナ)

Minoru Furuta
Choriocapillaris on small choroidal nevi examined by swept source OCT-angiography
Hiroaki Shintake
Swept source optical coherence tomography angiography reproducibility of vascular structure measurements in healthy  subjects
Kanae Takama
Short term outcomes of subthreshold micro second pulsing laser for CSC

新着掲載論文

『Morphometrical evaluation of the choriocapillaris imaged by swept-source optical coherence tomography angiography.』
Sugano Y,
Clinical Ophthalmology.2018

『Near-infrared and short-wave autofluorescence in ocular specimens.』
Oguchi Y, Sekiryu T, Takasumi M, Hashimoto Y, Furuta M.
Jpn J Ophthalmol. 2018 Aug 2. doi: 10.1007/s10384-018-0614-5. [Epub ahead of print]

『Prognostic factors after aflibercept therapy for typical age-related macular degeneration and polypoidal choroidal vasculopathy.』
Ogasawara M, Koizumi H, Yamamoto A, Itagaki K, Saito M, Maruko I, Okada AA, Iida T, Sekiryu T.
Jpn J Ophthalmol. 2018 Sep;62(5):584-591

『RETINAL MICROSTRUCTURE IN POEMS SYNDROME.』
Tomita R, Sekiryu T, Shintake H, Saito K.
Retin Cases Brief Rep. 2018 Mar 15. doi: 10.1097/ICB.0000000000000735. [Epub ahead of print]

眼科業績 2016年-2017年

原著
1. Maehara H, Sekiryu T, Sugano Y, Ichiro M. Choroidal Thickness Changes in Acute Zonal Occult Retinopathy. Retina 2017. Inpress.
2. Sagara H, Yamamoto T, Imaizumi K, Sekiryu T. Impact of Topically Administered Steroids, Antibiotics, and Sodium Hyaluronate on Bleb-Related Infection Onset: The Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-Related Infection Report 4. J Ophthalmol 2017;2017:7062565.
3. Yamashiro K, Mori K, Honda S, Kano M, Sekiryu T, Iida T, et al. A prospective multicenter study on genome wide associations to ranibizumab treatment outcome for age-related macular degeneration. Sci Rep 2017;7(1):9196.
4. Kawashima-Kumagai K, Yamashiro K, Yoshikawa M, Miyake M, Sekiryu T, Yoshimura N, et al. A genome-wide association study identified a novel genetic loci STON1-GTF2A1L/LHCGR/FSHR for bilaterality of neovascular age-related macular degeneration. Sci Rep 2017;7(1):7173.
5. Shinzawa M, Dogru M, Miyasaka K, Shimazaki J, Sekiryu T. Application of CASIA SS-1000 Optical Coherence Tomography Tear Meniscus Imaging in Testing the Efficacy of New Strip Meniscometry in Dry Eye Diagnosis. Eye Contact Lens 2017.
6. Shinojima A, Sawa M, Sekiryu T, Oshima Y, Mori R, Hara C, Sugano Y, Kato A, Asato H, Yuzawa M, Gomi F, Ogura Y, Ishibashi T, Nanri T, Yasukawa T. A Multicenter Randomized Controlled Study of Antioxidant Supplementation with Lutein for Chronic Central Serous Chorioretinopathy. Ophthalmologica 2017;237(3):159-66.
7. Saito M, Kano M, Itagaki K, Sekiryu T. Efficacy of intravitreal aflibercept in Japanese patients with exudative age-related macular degeneration. Jpn J Ophthalmol 2017;61(1):74-83.
8. Kasai A, Kanda N, Sekiryu T. Bilateral Serous Retinal Detachment Associated with Inferior Posterior Staphyloma Treated with Scleral Shortening and Vitrectomy. Case Rep Ophthalmol 2016;7(2):285-9.
9. Koizumi H, Kano M, Yamamoto A, Saito M, Maruko I, Sekiryu T, Okada AA, Iida T. Subfoveal Choroidal Thickness during Aflibercept Therapy for Neovascular Age-Related Macular Degeneration: Twelve-Month Results. Ophthalmology 2016;123(3):617-24.
10. Maruko I, Morizane Y, Kimura S, Shiode Y, Hosokawa M, Sekiryu T, Iida T, Shiraga F. Clinical Charactreistics of Idiopathic Foveomacular Retinoshisis. Retina 2016;36(8):1486-92.
11. Koizumi H, Kano M, Yamamoto A, Saito M, Maruko I, Sekiryu T, Okada AA, Iida T. Subfoveal Choroidal Thickness during Aflibercept Therapy for Neovascular Age-Related Macular Degeneration: Twelve-Month Results. Ophthalmology 2016;123(3):617-24.
12. Kasai A, Sugano Y, Maruko I, Sekiryu T. Choroidal Morpjology In a Patient With Hellp Syndrome. Retin Cases Brief Rep 2016;10(3):273-7.
13. Sagara H, Yamamoto T, Sekiryu T, Ogasawara M, Tango T. Seasonal Variation in the Incidence of Late-onset Bleb-related Infection After Filtering Surgery in Japan: The Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-related Infection Report 3. J Glaucoma 2016;25(1):8-13.
14. Maruko I, Iida T, Sugano Y, Go S, Sekiryu T. Subfoveal Choroidal Thiskness in Papillitis Type Of Vogt-koyanagi-Harada Disease And Idiopathic Optic Neuritis. Retina 2016;36(5):992-9.
15. Saito M, Kano M, Itagaki K, Ise S, Imaizumi K, Sekiryu T. Subfoveal choroidal thickness in polypoidal choroidal vasculopathy after switching to intravitreal aflibercept injection. Jpn J Ophthalmol 2016;60(1):35-41.
16. 冨田隆太郎,石龍鉄樹.黄斑前膜に対する硝子体切除後に網膜有髄神経線維の減少を認めた1例.臨床眼科紀要10,2017; 810-812.
17. 松浦 一貴, 宮本 武, 田中 茂登, 上松 聖典, 森 隆史, 須藤 史子, 武信 二三枝, 後藤 憲仁, 大久保 真司, 谷戸 正樹, 柿木 雅志, 大口 剛司, 佐伯 有祐, 井上 幸次.日本国内での白内障周術期の消毒法および抗菌薬投与法の現況調査.日本眼科学会雑誌 121:2017;521-528.
18. 笠井暁仁,小島彰,石龍鉄樹.二重穿孔性眼外傷に対する硝子体手術後にパーフルオロカーボンの眼窩内貯留がみられた1例.臨床眼科紀要9,2016; 803-806.
19. 石龍鉄樹,新竹広晃,笠井暁仁,小島彰.Multimodal imaging で観察したacute annular outer retinopathyの1例.日本眼科学科雑誌120,2016; 837-845.
20. 石橋誠一,新竹広晃,菅野幸紀,小島彰,神田尚孝,石龍鉄樹.特発性黄斑上膜にみられる血管周囲異常の術後変化.臨床眼科70,2016; 885-890.
21. 伊勢重之,古田実,石龍鉄樹.糖尿病黄斑浮腫の硝子体手術成績に及ぼすカリジノゲナーゼの影響.あたらしい眼科33,2016; 145-150.

研究テーマ

眼科学の目的は、より良質な視機能の提供にあります。常に最高水準にある医療を提供し、最先端の医療を開発していくという大学病院の使命を果たすとともに、福島県さらには日本の医療の向上に少しでも寄与できればと願っております。

倫理登録研究テーマ

  1. 加齢黄斑変性における感受性遺伝子の頻度と臨床像の検討
  2. 遺伝性網膜疾患の遺伝子多型と臨床症状との関連性の解析
  3. 眼疾患に対する組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)の眼内注入療法の非対象試験
  4. 滲出型加齢黄斑変性の眼内液中における補体因子とサイトカインの解析
  5. 眼腫瘍全国登録

臨床治験

加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症の臨床治験を行っています。詳細につきましては、外来までお問い合わせください。

お問い合わせcontact

福島県立医科大学眼科学講座
〒960-1247 福島県福島市光が丘1番地
TEL:024-547-1111(代表)
E-mail:ganka@fmu.ac.jp
※メールでは個別の健康相談には応じておりませんのでご了承ください