福島県立医科大学眼科学講座

facebook眼科Facebookはこちら

ホーム > 学生・研修医の皆様へ > 入局案内

入局案内

入局資格 卒後臨床研修を終了された方
研修プログラム 厚生労働省の定める卒後臨床研修2年間終了後、4年以上の眼科研修を行うことによって、日本眼科学会専門医制度の定める、眼科専門医試験受験資格を得ることができます。当教室では基幹施設の所属する大学病院の他に、認定された関連病院においても眼科研修を行い、あらゆる眼科疾患に対応できる医師を養成しています。
週間スケジュール
  1. クルズス8:30
  2. 教授総回診:水曜日8:00
  3. 症例検討会・術前検討会:水曜日18:30
  4. 医局会:水曜日、症例検討会終了後
  5. 定時手術:火曜日、金曜日
  6. 出張:関連施設での出張日は定刻(多くの施設は9:00)までに出勤し、主に外来業務をおこないます。
勤務体制 診療グループはA・Bの2グループ制。
入局後はいずれかのグループに所属し、病棟診療、術前・術後診察、手術、外来診療、研究活動等をおこないます。
定時の手術はAグループが火曜日、Bグループが金曜日です。
収入
  1. 研修医:
    国からの研修謝金18万/月+当直手当
    +関連施設での医療協力による診療報酬
  2. 診療医:
    県から診療報酬22万/月+当直手当
    +関連施設での医療協力による診療報酬
  3. 助手以上:
    県職員としての給与+当直手当
    +関連施設での医療協力による診療報酬
  4. 大学院生・大学院研究生:
    当直手当+関連施設での医療協力による診療報酬
休暇
夏期休暇:
7月から12月までの期間に2週間の持ち分を自己分配。1週間まで連続休暇可能。
結婚休暇:
上記休暇に加えて連続2週間の休暇が可能です。
産休、育児休暇:
通常は産前8週、産後8週程度としますが、環境に合わせて相談に応じます。

 

このページの先頭へ