福島県立医科大学眼科学講座

facebook眼科Facebookはこちら

ホーム > 講座紹介 > 講座の沿革

講座の沿革

福島県立医科大学眼科学講座は、昭和19年の福島県立女子医学専門学校設立と同時に開講しました。

初代の清水光太教授(昭和19年4月~昭和25年12月), 2代の梶浦睦雄教授(昭和26年3月~昭和54年3月), 3代の加藤桂一郎教授(昭和54年10月~平成14年3月)の時代を通じて、研究・診療の両面で伝統ある教室として発展し、特に眼光学、屈折・調節、弱視・斜視、眼形成外科の領域で高い評価を得ております。梶浦教授の開発したEl-Bayadi-Kajiura lensは細隙灯顕微鏡を用いた眼底・硝子体観察用レンズで、これは現在の眼科臨床でルーチンに使われているレンズへと発展してきています。

4代飯田知弘教授(平成15年1月~平成24年3月), そして5代石龍鉄樹教授が平成24年12月より着任し、従来の伝統に加えて、黄斑・網膜・硝子体疾患においても大幅な診断技術、治療技術の向上を図っています。講座の同門会員は147名で、県内を中心とした30を越える関連病院との連携を持っております。

このページの先頭へ