診療内容

ホーム > 診療内容 > 黄斑・網膜・硝子体

黄斑・網膜・硝子体

 

網膜、眼底
疾患: 加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑前膜、網膜変性症
診断機器: 造影剤を用いない血管造影(光干渉断層計血管造影(OCTA))、眼底像に対応した網膜感度計測(網膜微小視野計)、視細胞形態撮影(rtx-1)、造影剤を用いない網膜性状評価(眼底自発蛍光、HRA2, F-10)、造影剤を用いた血管造影
治療法: 抗VEGF療法
  ナビゲーションレーザーによる閾値下レーザー照射
  小切開硝子体手術
  光線力学的療法
研究: 抗VEGF剤投与法の検討
  OCTAを用いた網脈絡膜形態観察
  加齢黄斑変性と遺伝子多型および補体因子の検討
  AIによる画像診断と画像解析
ナビゲーションレーザーの効率的利用技術
  網膜変性疾患の遺伝子研究(AMED分担研究)
  各種抗VEGF新規薬剤の臨床治験

これまでのページはこちらをご覧下さい

お問い合わせcontact

福島県立医科大学眼科学講座
〒960-1247 福島県福島市光が丘1番地
TEL:024-547-1111(代表)
E-mail:ganka@fmu.ac.jp
※メールでは個別の健康相談には応じておりませんのでご了承ください