福島県立医科大学眼科学講座

facebook眼科Facebookはこちら

ホーム > 研究報告 > 黄斑・網膜・硝子体

黄斑・網膜・硝子体

網膜外来は毎週月曜日と水曜日で、石龍教授を筆頭に網膜硝子体疾患を専門とする複数の医師が担当しております。加齢黄斑変性など薬物療法の適応となる疾患や、増殖糖尿病網膜症のような硝子体手術を要する疾患など、幅広く精力的に診療と研究に励んでおります。眼外傷や眼内炎など急を要する疾患につきましては曜日に関係なく随時診療を行っております。

加齢黄斑変性につきましては毎週月曜日と水曜日に専門外来を行っており、抗血管内皮増殖因子(VEGF)療法を中心とした薬物療法を主に行っております。より深い病態解釈や治療成績の向上を目指して、東京女子医科大学・杏林大学と共同研究を行っております。2013年以降、抗VEGF療法の保険適応が網膜静脈閉塞症や糖尿病黄斑浮腫へも拡大され、ますます多くの方の治療にあたっております。

遠方から御紹介頂く方もいらっしゃいますので、なるべく初診時に一通りの検査を行い、さらに抗VEGF療法の適応である場合には初回治療まで行うよう心がけておりますが、必ずしも1日では終わらない場合もございます。外来待ち時間につきましては年々短縮傾向にありますが、初診の方は検査が多くなりますのでどうしても長くかかる傾向にあります。大変申し訳ありませんが何卒御理解賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ