福島県立医科大学眼科学講座

facebook眼科Facebookはこちら

ホーム > 研究報告 > 斜視弱視

斜視弱視

斜視弱視専門外来は、毎週火曜日に森隆史講師ほか医師4名で診療しております。また、外来終了後には視能訓練士とともに当日の受診者のカルテをふりかえり、若手医局員が自信をもって小児の診療にあたれるように教育につとめております。

斜視に対する手術治療は、木曜日入院、金曜日手術、土曜日退院の2泊3日の入院期間で行っております。また、患者様には、手術によらないプリズムや遮蔽膜などの眼鏡による快適な視環境の提供の可能性についても紹介しております。

当科では伝統的に斜視弱視領域の臨床研究が盛んにおこなわれておりました。現在は、①遠視から近視に向かう小児期の眼球形態変化と②黄斑疾患の立体視への影響をテーマに研究を行い、新知見を発信しております。

このページの先頭へ