福島県立医科大学眼科学講座

facebook眼科Facebookはこちら

ホーム > 研究活動内容

黄斑・網膜・硝子体

黄斑疾患、糖尿病網膜症、網膜剥離、血管閉塞性疾患などが含まれます。近年、この領域においては、眼底診断機器および分子生物学をはじめとした基礎医学の進歩を背景として、病態解明と治療薬の開発が飛躍的に進歩しました。臨床においても、診断学と従来からあるレーザー治療・硝子体手術だけでなく、光線力学的療法や抗血管新生療法(血管内皮増殖因子をブロックする分子標的薬剤を使用)などの新しい治療学が確立してきています。加齢黄斑変性は欧米では失明原因の第一位でわが国でも急増している疾患です。本症では黄斑部に脈絡膜由来の血管新生が起こりますが、部位的にも治療が困難で、進行すると高度の視力障害を来す難治性疾患です。当科では、加齢黄斑変性に代表される脈絡膜新生血管に対して、補償光学眼底カメラ(rtx-1)、眼底微小視野計(MP-3)、高侵達OCT(DRI-1)などの最新の検査機器を用いた診断と病態研究を進めており、さらにその検査結果をふまえて、新しい治療法を積極的に導入して良好な結果を得ています。

加齢黄斑変性に対する光線力学的療法は、わが国では平成16年5月に厚生労働省の認可を受けました。当院では全国で2番目に、東北地方で初めてこの治療法を導入し、現在も治療例数は全国でもトップクラスです。現在、加齢黄斑変性に対して主力となっている治療法は、平成21年3月に認可された抗血管新生薬を用いた治療です。積極的に臨床治験の段階から参加し、最新の治療をいち早く提供できるよう心がけております。

加齢黄斑変性以外にも中心性漿液性網脈絡膜症、黄斑円孔、黄斑浮腫、網膜上膜などの黄斑疾患や、わが国の失明の主要原因である糖尿病網膜症(これに対しても多施設臨床試験中)、網膜剥離、血管閉塞性疾患(網膜静脈閉塞症、未熟児網膜症など)などの網膜硝子体疾患に対する診療と研究は当科の中心となっています。従来は「眼の急所」である黄斑部に手術操作を加えることはタブーとされていましたが、現在では硝子体手術で黄斑疾患を治療することが多くなってきました。硝子体手術の進歩により難治性疾患の手術成績が向上し、また対象疾患と適応が拡大してきています。黄斑円孔のように治療法のなかった疾患が外科的に治癒するようになったことはそのよい例です。より良い視機能を提供するために、種々の検査法を用いた的確な診断と治療法の選択、そして治療手技の向上と開発を進めています。これらの疾患に対する硝子体手術の件数が急増しているのも当科の特徴のひとつです。(『手術数でわかるいい病院 』(週刊朝日・臨時増刊)には毎年連続でランクインし、最新の2017年版では1年間の黄斑下手術等(網膜硝子体手術、黄斑下手術、眼の腫瘍摘出手術など)のランキングで、手術数586件で全国33位でした。)

弱視・斜視・小児眼科

弱視・斜視外来は当科の専門外来としては歴史が長く、昭和45年頃に開始されました。弱視や斜視の診断、治療は勿論、小児眼科全般にわたる広い守備範囲を持っています。斜視の治療では手術の件数も多いのみならず、光学的治療(屈折矯正やプリズム治療)への取り組みも積極的に行っています。これは、当教室の伝統的研究分野でもある眼光学、屈折・調節という専門性を生かしたものといえ、そのノウハウは弱視治療にも大いに役立っています。また、小児の調節機能や調節性内斜視の発生についての研究も臨床に即して行ってきています。他には心身障害や眼先天異常などをもつ児の視覚障害や、心因性視覚障害の診療にも力を入れています。さらに3歳児眼科検診にはその開始以前から長くかかわり、現在も福島市の検診への視能訓練士の参加と屈折検査の導入を行うなど、全国に先駆けて検診の充実に取り組んでいることも強調される点です。

腫瘍・眼形成眼窩外科・義眼

眼形成も当科における特徴的分野といえます。眼瞼下垂や内反症、眼窩壁骨折をはじめ、眼付属器の腫瘍性疾患などの治療、さらには眼球摘出術後の無眼球眼窩および義眼床の諸問題の解決など、他施設にない取り組みをしています。中でも眼窩壁骨折の診断と治療(手術)は全国をリードする水準です。これには、学内での脳外科、放射線科、耳鼻科、歯科(口腔外科)、形成外科、麻酔科、救急科など多くの科との連携がスムーズに行われている背景も無視できません。

神経眼科

神経眼科は視神経疾患、甲状腺眼症、眼球運動障害、眼瞼痙攣などの診断・治療を専門とする分野です。これらの疾患は多発性硬化症、内分泌障害、重症筋無力症、頭蓋内疾患、脳血管障害などが密接に関連し、眼科の知識だけではなく全身疾患や全身管理、内科学的考察、神経診断学、脳神経外科疾患、遺伝子診断学、神経解剖学、画像診断学など、多岐にわたる知識が要求されます。また、神経内科医や脳神経外科医、内分泌、膠原病の専門家との密接な連携が重要となります。

緑内障

緑内障は40歳以上の約5.8%が罹患し、適切に治療されなければ失明に至る重篤な視機能障害をもたらします。わが国の失明原因の第一位を占めており、その診断・治療・管理を適切に行うことが重要です。大学病院の性格上、当科では薬物治療だけでは対応できない症例の割合が多く、レーザー手術や観血的手術を併用して治療を行っています。最近では、緑内障フィルトレーションデバイスを用いることで良好な術後成績が得られています。

角膜疾患

種々の角膜疾患に対して角膜移植を行っていますが、まだ手術を待っている患者数に比べて提供される眼球が少ないのが現状です。今後も福島県臓器移植推進財団と協力してドナー登録を推進していく必要があります。
研究は組織活性化のエネルギー源です。優れた研究なくして、魅力ある教育や診療を行うことは不可能です。個々の医師が優れた臨床能力を獲得するための一番の近道は、日常の臨床から発した疑問を臨床研究・基礎研究で解決するところにあると考えます。臨床上の課題から発想した研究を行い、その研究の成果を福島から世界へ向けて情報発信していきたいと思います。

このページの先頭へ